デルタ森本支社長、関空/シアトルなど成功に自信-19年は「直販進む」

  • 2018年12月19日(水)

日本/シアトル間の座席は2倍超も、シアトル以遠に勝算

 シアトルについては、現在は全日空(NH)を含めて1日400席程度だが、来年はDLだけで成田線の機材変更で100席増、関空線の就航で200席増、さらに日本航空(JL)の就航で200席増となる予定。DLにとっては約5年半ぶり、3度目の挑戦でもあるが、シアトルはDLが4年ほど前からハブ化の取り組みを続けてきており、現在は発着便が50都市へ最大150路線の規模に到達して他社を圧倒していることから勝算があるとの考えだ。

 また、今後の日本路線の拡充について森本氏は、現在の他社を含めた1日40便程度が大きく増加することはないと分析。そのうえで、そのなかから「何割とるか」がポイントであり、必ずしも便数に占めるシェアの拡大を重視しているわけではないとしつつ、「DLが強いところは絶対に取る」と意欲を語った。特に、ニューヨークはこの数年で投資を継続した結果、シアトルと同様に最大の航空会社となっていることから検討の対象にはなるという。


羽田は「年明けに交渉決着」か-新機材や新プロダクト導入、流通に変革も

デルタ・ワンスイート

 羽田線については日米間の航空当局間協議が現在進んでいるといい、「正念場にすでに来ている。年明けの1月か2月に交渉が決着」するとの見通し。森本氏は、夏頃には米国側の枠の配分が完了している可能性があるとし、DLとしては「なるべく多く」枠を手に入れて成田から羽田へ路線を移したいと語った。羽田でのラウンジ開設も実現したいという。

 さらに、19年は新機材であるA350-900型機の追加導入や、個室タイプのビジネスクラス「デルタ・ワンスイート」とプレミアムエコノミー「デルタ・プレミアムセレクト」のB777-200ER型機への搭載も予定。機内食や、日系航空会社を上回るという日本語対応映画の本数など、日本市場向けサービスもアピールしながら需要獲得に務めるという。

 このほか、森本氏は18年に起きた変化として「直販がものすごく進んだ」と紹介。就任からの約7年は「ずっと話はあったがそれほど大きな変化はなかった」のに対して、「今年は顕著に動いた。来年はさらにもう一歩動く」と見ているという。ホテル側が航空会社と同様に流通施策を見直していることが大きいとの分析で、DLとしてもこうした流れに対して、新しい環境に対応可能な旅行会社と協力して取り組んでいきたい考えだ。

※訂正案内(編集部 2018年12月20日10時16分)
訂正箇所:2ページ目、第1段落第2文
誤:現在は発着便が約100路線の規模に到達

正:現在は発着便が50都市へ最大150路線の規模に到達

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ