阪急交通3社、10月取扱額は1割増、海外・訪日2割増

  • 2018年12月25日(火)

 阪急交通社グループの今年10月の旅行取扱概況で、阪急交通社と阪急阪神ビジネストラベル、阪神トラベル・インターナショナルの3社を合計した総取扱額は前年比10.0%増の360億6638万円となった。内訳は海外旅行が21.1%増の181億1092万円、外国人旅行が23.5%増の5億9517万円、国内旅行が4.6%減の135億4490万円。

 主力の阪急交通社は、海外旅行が23.1%増の179億5970万円、外国人旅行が26.4%増の5億9154万円、国内旅行が4.6%減の133億5530万円で、合計は9.8%増の319億654万円となった。海外はヨーロッパやアジアなどほぼ全方面が増加。一方、国内は一部の紅葉関連商品が人気を集めたが、取扱人数は前年並みだったという。訪日旅行などの外国人旅行は、欧米豪市場が前年を上回った。

 阪急阪神ビジネストラベルは、海外旅行が13.0%増の40億8342万円、外国人旅行が74.3%減の363億円、国内旅行が0.7%減の3億2238万円。海外は9月の台風21号で延期となった出張が10月に延期されたことで好調。国内は、出張が低調だったが団体旅行が堅調で微減にとどまった。

 阪神トラベル・インターナショナルは、海外旅行が22.3%増の3億2057万円、国内旅行が32.4%減の754万円。外国人旅行は扱っていない。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ