ラオス パクセー / 「山本郁青農場」ご紹介

  • 2018年12月14日(金)

 ラオス南部・パクセーのボラペン高原にある日系現地法人の「山本郁青農場」(やまもといくせいのうじょう)が、広大なイチゴ畑観光農園にリニューアルされました。

 11月~2月までは本格的なイチゴ狩りが可能、園内は休憩所も完備され、イチゴシェーク、イチゴの試食、軽食、ボラペン高原コーヒーを常夏のラオスで高原の涼風を感じながら美味しくいただけます。

 コーヒーは園主による自家焙煎、軽食も日本人が調理するので、双方味も抜群です。

 また日本人スタッフが4名常駐しているので、安心して見学することができます。

  ※山本郁青農場
住所: Bangleng Village Paksong District Champasak Province LAO PDR
入園時間: 10:00~17:00、無休
入園料: 大人 6,000KIP(約80円) / 小人 3,000KIP(約40円)
イチゴ狩り: お一人様 70,000KIP(約930円) 
※予定、小人料金なし(大人小人同一料金)

情報提供:エーペックスインターナショナル株式会社日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

Travelport
ヴァージン・オーストラリア航空
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行業界で天才と思える人材に出会ったことが

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ