日本航空、遠隔手話通訳サービスを開始、各種窓口で提供

  • 2018年12月18日(火)

 日本航空(JL)は12月11日、聴覚に障害のある利用者が手話で窓口での問い合わせなどをできるようにする、遠隔手話通訳サービスの提供を開始した。東京に本社を置き、手話関連事業を展開するシュアールの協力によりSkypeを用いて提供するもので、サービスのバリアフリー化とアクセシビリティの向上に向けた取り組みの一環。

 遠隔手話通訳サービスを提供するのは、JALグループの各種コールセンターやJALプラザ、羽田空港の一部のカウンターなど。利用する際には、同社ウェブサイトの専用ページから手話オペレーターにアクセスする。JALプラザと羽田空港にはタブレット端末を用意する。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ヴァージン・オーストラリア航空
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

昨年と比べて忘年会に行く回数は

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ