トルコ、観光振興を加速、新観光大臣のもと予算も大幅増

  • 2018年11月29日(木)

トルコ文化観光大臣のメフメット・ヌーリ・エルソイ氏 トルコ政府文化観光大臣に7月に就任したばかりのメフメット・ヌーリ・エルソイ氏がこのほど来日し、メディア関係者との懇親会を開催した。トルコではそれぞれの分野に造詣の深い人物を閣僚に起用する取り組みが始まっており、エルソイ氏も観光業界の出身。トルコの観光産業の成長に向けた舵取りを担う同氏は、集まったメディアに対し最大5億米ドル規模の基金を設立し、積極的に観光振興を進めていく方針を強調した。

 基金は、国の予算に加えて国内外の私企業からの投資も呼びかけ、初年度は1億5000万米ドル、5年後には年間5億米ドル規模への拡大をめざすという。集まった基金の使途についてエルソイ氏は「投資をする観光産業の人々が観光産業のために自ら決定権を行使できるようにする」としたうえで、全体の7割を広報宣伝など、3割をインフラなどの投資に当てる方針を説明した。

 広報宣伝については、これまでは官民がばらばらに取り組んでいて「一貫性がなかった」ことを反省点とするといい、確立したブランディングのもとで魅力の発信に務めるものと見られる。また、インフラ関連では、会議やスポーツに関する施設などの開発に意欲を示したほか、外国語を話すホスピタリティ産業向けの人材育成も民間と共同で取り組む。遺跡の発掘調査なども強化するという。

 なお、2019年は「日本におけるトルコ文化年」と位置付けており、目玉の一つとして3月から5月にかけて東京の国立新美術館で「トルコ文化年2019 トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」と題した展覧会を開催、6月と7月には京都の京都国立近代美術館へと巡回する計画だ。

■海外ニュース

ベルトラ1
求人広告
ワンクリックアンケート

私の中のM-1グランプリの優勝は

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ