キャリチャ

主要49社、上期の国内取扱額は3.2%減、外国人は17.6%増に

  • 2018年11月18日

 観光庁が取りまとめた主要旅行会社49社の2018年上半期(2018年4月1日~2018年9月30日)の旅行取扱概況で、国内旅行の取扱額は前年比3.2%減の1兆4487億7303万円、外国人旅行は17.6%増の1203億1601万円となった。

 国内旅行は、4月の0.6%増以外すべての月で前年を下回るなど苦戦しており、上期に国内旅行を取り扱った48社のうちプラス成長を達成した会社数は11社に留まった。取扱額が100億円を超えたなかでは、エボラブルアジア4社が56.9%増の351億8804万円と好調だった。

 一方、外国人旅行では49社中37社が取り扱いを報告し、うち前年を上回ったのは18社となった。ただし、この18社の取扱額が総取扱額に占める割合は96.1%に達している。最も伸び率が高かったのは名鉄観光バスの183.8%増・4478万円で、次いでびゅうトラベルサービスの144.8%増・8億5894万円、タビックスジャパンの114.6%増・1億2453万円と続いた。取扱額が100億円を超えた企業ではエイチ・アイ・エス(HIS)6社が62.2%増・245億42万円と好調だった。

 なお、海外旅行の取扱額は6.5%増の1兆848億2280万円で、国内と外国人との合計は1.4%増の2兆6539億1184万円となった。



9月は国内8.6%減、外国人11.5%増

 9月単月の取扱額では、国内旅行が8.6%減の2294億4980万円、外国人旅行が11.5%増の184億7595万円。

 国内旅行の伸び率では、取扱額が1億5133万円と少ないものの旅工房が239.9%増で首位となり、次いでエボラブルアジアが31.7%増の55億8054万円と続いた。取扱額100億円超の大手では、ジャルパックのみ0.9%増の114億5124万円で前年を上回っている。

 一方、外国人旅行で最大の伸び率を示したのはヤマハトラベルサービスの1272.0%増・2356万円。取扱額1億円以上では名鉄観光サービスが173.7%増の2億1522万円で最も高く、10億円以上ではHISグループ6社が50.8%増の24億940万円で最高位につけた。


主要旅行会社取扱概況(Excelファイル)

2018年度上期累計
2018年度上期累計(詳細データ)
9月単月

関連ニュース