BA、20年ぶりの関空/ロンドン線に自信、出張需要の取込も

  • 2018年11月19日(月)

日本人向けサービス強化、来年以降に新しいビジネスクラス

画像提供:BA  関空/ロンドン線は、ビジネスクラス35席、プレミアムエコノミークラス25席、エコノミークラス154席、計214席のB787-8型機で運航。バージャー氏は、成田線と羽田線も含めて、「日本人旅行者のニーズに応えるため、アメニティー、機内食などをアップグレードしている。また、日本人の客室乗務員を配置するなど、パーソナライズされた対応を心がけている」と話し、サービス面の強化にも自信を示す。

 同氏はあわせて、来年から新しいビジネスクラスを搭載した機材を長距離路線に順次投入していくことも紹介。日本路線への投入については、時期の明言は避けたものの、「当然、導入されていくだろう」と明かした。

 BAでは、機材のアップグレード、ラウンジの改修、旅客サービスの向上などで、今後5年間で計45億ポンドを投資する予定。これまでも旅客向けのサービス強化に取り組んでおり、17年11月にはロンドン・ヒースロー空港ターミナル5のファーストクラス専用ラウンジ「コンコルドルーム」をリニューアルオープンした。バージャー氏は、「ターミナル5での乗り継ぎもさらに快適になっている」と話し、ヒースロー空港以遠の乗継利便性もアピールした。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

マネパカード1
メール新規登録
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

社内に旧帝大を卒業した人が

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ