カンボジアのスモール・プラネットが成田線開設へ、2月からチャーター

  • 2018年11月7日(水)

ロゴマーク  カンボジアの新興航空会社、スモール・プラネット・エアラインズ・カンボジア(RD)は2019年4月から、成田/シェムリアップ線を週2便で開設する計画だ。同社の日本地区総代理店(GSA)を務めるエアインターによれば、まずは2月9日から3月30日まで、同区間を水曜日、土曜日の週2便で定期チャーター便として運航。4月から定期便化する予定で、国土交通省に認可申請準備中という。

 RDが日本に就航するのは今回が初めて。当初は関空/シェムリアップ線を開設する予定だったが、市場規模が大きな成田線に切り替えた。乗客の約9割がレジャー客を中心とした日本人となる見通しだ。

 RDは欧州でチャーター便の運航を中心に展開する、リトアニアのスモール・プラネット・エアラインズ(S5)のグループ会社。S5が17年10月にカンボジアで運航者証明書を取得し、同月にRDを設立した。本社はプノンペンで、全180席のA320-200型機を2機保有しており、12月には全156席のA319型機を1機受領する予定。

 成田線はA319型機で運航。直行便として運航する際の重量などの関係から、提供座席数を120席に抑えるほか、受託手荷物も15キログラムまでに制限する。機内ではホットミール、コールドミールやソフトドリンクを提供。日本人の客室乗務員を配する予定という。

 運航スケジュールは以下の通り。

▽RD 成田/シェムリアップ間チャーター便運航スケジュール(2月9日~3月30日)
便名未定 NRT 10時00分発/REP 15時00分着(水・土)
便名未定 REP 00時30分発/NRT 08時10分着(水・土)
※政府認可の取得が前提

■海外ニュース

ニュージーランド航空で、もっと楽しい空の旅
求人広告
ワンクリックアンケート

会社から携帯電話(スマホ含む)を支給されていますか?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ