シンガポール航空、旅行業界向けにNDCプログラム、API接続を支援

  • 2018年10月29日(月)

 シンガポール航空(SQ)はこのほど、同社のデジタルプラットフォーム上の情報や機能を利用できる旅行業界向けプログラム「クリスコネクト」を発表した。国際航空運送協会(IATA)が進める「NDC(New Distribution Capability)」向けのAPIなどの技術を旅行会社や旅行関連企業などに提供するもの。

 同社によると、すでにスカイスキャナーとクリスコネクトを活用してNDCでAPI接続しているところ。クリスコネクトにはこのほかにも世界70ヶ国に及ぶ業務渡航系旅行会社のネットワークであるCorporate Travel Management(CTM)やシートリップといった旅行会社、アマデウスやセーバー、トラベルポートなどのGDS、グーグル、カヤック、トラベルフュージョンなどが参加しており、今後順次サービスを展開していく予定。日本でも旅行会社や旅行関連業者などにプログラムへの参加を呼びかけるという。

 なお、クリスコネクトの開始にあわせて、SQではAPI接続の方法について詳細情報を提供する、開発者向けのポータルサイトを開設。SQとNDCでAPI接続するためには、ポータルサイトでアカウントを作成する必要がある。

▽開発者向けポータルサイト(英語のみ)
https://developer.singaporeair.com/


■海外ニュース

Travelport
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

昨年と比べて忘年会に行く回数は

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ