シンガポール航空、新千歳線を季節運航、12月から36往復

  • 2018年10月22日(月)

 シンガポール航空(SQ)は12月1日から2019年1月6日まで、新千歳/シンガポール線をデイリー運航する。冬限定の季節便として36往復を運航するもので、関係当局の認可が前提。

 季節便は09年から毎冬実施しているが、今年は過去最多の本数を運航する。SQによると訪日需要を見込んだもので、過去最多の本数を運航することで政府が取り組む9月の北海道胆振東部地震からの観光需要の回復に寄与したい考え。なお、地震で落ち込んだ訪日需要は回復傾向にあるという。

 運航機材はビジネスクラス30席、エコノミークラス255席のA330-300型機。運航機材は以下の通り。

▽SQ 新千歳/シンガポール線運航スケジュール(12月1日~19年1月6日)
SQ661便 CTS 08時55分発/SIN 16時40分着(デイリー)
SQ660便 SIN 23時00分発/CTS 07時30分着※翌日(デイリー)
*SQ661便は12月2日から、SQ660便は1月5日まで

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
ワンクリックアンケート

史上最高の日本人野球選手は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ