日本航空とベトジェットが7路線でコードシェア、10月末から

  • 2018年10月22日(月)

JLプレスリリースより転載(※クリックで拡大)   日本航空(JL)とベトジェットエア(VJ)は10月28日から、日本/ベトナム間とVJの運航するベトナム国内線でコードシェアを開始する。2社は昨年7月に包括的業務提携に向けた覚書を締結した際、コードシェアを実施する計画を発表していた。

 対象となる路線は、JLが運航する成田/ハノイ、ホーチミン線、羽田/ホーチミン線と、VJが運航するホーチミン/ハノイ、ダナン線とハノイ/ダナン線。さらに、VJが11月8日に開設する関空/ハノイ線も対象となる。JLによると、VJ便については座席指定や優先チェックイン、ラウンジ使用などの各種サービスを付加する上級運賃タイプ「SkyBOSS」が対象。コードシェア便の販売は10月23日から。

 なお、VJは12月には関空/ホーチミン線、来年1月には成田/ハノイ線の就航を予定しているが、JLによるとコードシェアについては現時点では未定という。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

エルアルイスラエル航空
メール新規登録
ワンクリックアンケート

2023年のラグビーワールドカップの開催国はどこでしょうか?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ