ルフトハンザ、関空/ミュンヘン線はA359で-19年夏ダイヤ

  • 2018年10月10日(水)

 ルフトハンザグループは10月10日、来年3月31日からルフトハンザ・ドイツ航空(LH)が運航する関空/ミュンヘン線の詳細を発表した。デイリー運航中の関空/フランクフルト線をミュンヘン発着に変更するもので、同社グループはこのほど、ミュンヘン空港をアジア路線を中心とするハブ空港にする方針を発表している。

 使用機材は現在のB747-400型機から、最新鋭機のA350-900型機に変更する予定で、ビジネスクラス48席、プレミアムエコノミークラス21席、エコノミークラス224席の計293席。バイオリズムに合わせて設計された、24段階に調節可能の照明機能を採用するという。運航スケジュールは以下の通り。

▽LH、関空/フランクフルト線運航スケジュール(3月31日~)
LH743便 KIX 09時30分発/MUC 14時20分着(デイリー)
LH742便 MUC 12時15分発/KIX 06時20分着※翌日(デイリー)

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

アンケートキャンペーン実施中!
求人広告
ワンクリックアンケート

トラベルビジョンのニュースを

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ