ルフトハンザ、関空線をフランクフルトからミュンヘンに、19年夏ダイヤ

  • 2018年9月30日(日)

 ドイチェルフトハンザAG(ルフトハンザグループ)はこのほど、ミュンヘン空港をアジア路線を中心にしたハブ空港化することを決定した。それに伴い、19年夏ダイヤからルフトハンザ・ドイツ航空(LH)について、現在デイリーで運航中の関空/フランクフルト線を関空/ミュンヘン線に変更する計画を発表。加えて、ミュンヘン線のうち仁川線、シンガポール線を増便し、バンコク線をデイリー運航で開設する。

 同グループによると、18年夏ダイヤ中に、A380型機5機をフランクフルト線からミュンヘン線に配置換えしたところ乗客から好評だったため、20年にはさらに多くのA380型機を配置換えする予定。フランクフルト線で使用中のA340-600型機についても、その大半をミュンヘン線に移行するという。

 フランクフルト空港については、「定時運航率と安定運航の改善をめざし、成長を抑制する」考え。なお、19年冬ダイヤではイスラエルのエイラット、モロッコのアガディール、イタリアのトリエステ、ギリシャのテッサロニキの4都市に就航。今後は米国路線を拡充する考えで、19年5月からオースティン線を運航する。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

フライドポテトで一番おいしいと思うチェーン店は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ