日本旅行、18年上期の営業収益は3.5%減、営業・経常損失は改善

  • 2018年9月2日(日)

 日本旅行が8月31日に発表した2018年12月期中間期(18年1月1日~6月30日)の連結業績で、営業収益(純額)は前年比3.5%減の240億2900万円だった。営業損失は8400万円減の7億3500万円、経常損失は1100万円減の4億1300万円、当期純損失は8300万円増の3億6300万円。営業費用は3.7%減の247億6500万円だった。当期純損失の増加は、前年に社員寮の売却などにより特別利益が1億2600万円発生した反動によるもの。

 日本旅行単体では、販売高(総額)は1.6%増の1996億1300万円、営業収益(純額)は4.2%減の202億7000万円、営業損失は1億1300万円減の6億6600万円、経常損失は4億5800万円減の1億300万円と改善。当期純利益は700万円(前年度は3億3000万円の赤字)と黒字に転換した。日本旅行によると、単体の営業収益の減少は「航空会社との国際航空券に関わる取引形態が変更した」ことなどによるもの。取引の内容などの詳細についてはコメントしなかった。

 日本旅行単体の各部門では、海外旅行の販売高は4.4%増の580億9500万円、営業収益は2.3%減の40億1500万円。マッハ、ベストツアーについては、「No.1戦略国」と位置づけるスペイン、ベトナム、カナダ、オセアニアを重点化し、ウェブ専用商品を強化した結果、販売高は8.3%増の154億400万円となった。団体旅行は他社との競争激化などにより、販売高は4.0%減の90億8600万円に。国際航空券などの単品商品は、海外出張需要の拡大により7.2%増の309億6800万円となった。

 国内旅行の販売高は2.5%減の1188億9400万円、営業収益は4.6%減の131億7100万円。赤い風船はJR各社と連携して北陸、京阪神、瀬戸内方面などでJRセットプランのさらなる充実をはかったが、他社との競争激化などにより、販売高は2.9%減の416億8500万円となった。団体旅行はMICEの販売強化や学校関連のスポーツ大会・文化系イベントなど教育旅行の取扱拡大に努め、販売高は0.8%減の335億6800万円。JR券や国内航空券などの単品商品の販売高は2.4%減の407億2000万円となった。

 訪日旅行などの国際旅行の販売高は19.9%増の224億8700万円、営業収益は一部の券種における収益率の低下などの影響で4.4%減の25億6200万円となった。

 通期の業績予想は当初予想を据え置いており、連結での業績予想は営業収益が534億4000万円、営業利益が8億5000万円、経常利益が14億6000万円、当期純利益が9億5000万円。日本旅行単体の業績予想は営業収益が460億円、営業利益が3億5000万円、経常利益が7億1000万円、当期純利益が4億1000万円を見込む。

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ