タイ、Moto GP開催でスポーツツーリズム強化-ブリーラム県をアピール

  • 2018年8月29日(水)

スポーツ省事務次官のポーンパヌ・サウェータルン氏(右から2人目)、スポーツ庁総裁代理のサンウィアン・ブーントー氏(右から3人目) タイ国観光スポーツ省とタイ国スポーツ庁は8月28日、今年10月5日から7日にかけてブリーラム県で開催されるMoto GPロードレース選手権「PPT Thailand Grand Prix 2018」の記者会見を都内で実施した。Moto GPは二輪レースの最高峰のカテゴリーで、世界各国でレースが開催され年間チャンピオンを決める大会。2018年は全19戦の予定で、タイでは2018年から2020年の3年間開催されることが決定している。

 記者会見でタイ国観光スポーツ省事務次官のポーンパヌ・サウェータルン氏は、タイ政府がスポーツ産業の推進と発展に取り組んでおり、「スポーツ分野でも近代的で国際レベルの設備が整っていることを世界各地のスポーツファンに示したい」と述べ、ホスト国として優れたサービスとケアを提供することを約束した。

駐日タイ王国特命全権大使のバンサーン・ブンナーク氏 また、タイ国スポーツ庁総裁代理のサンウィアン・ブーントー氏はMoto GPの開催により「10億バーツ以上の収入の創出を期待している」とコメント。また、「ローカル文明とスポーツの繁栄を融合することができる」と多様な文化を持つブリーラム県での開催をアピールした。

 記者会見後には関係者を集めた「ブリーラム・ナイト」を開催。来賓挨拶をした駐日タイ王国特命全権大使のバンサーン・ブンナーク氏は、「Moto GPの開催は新マーケティング・コンセプト『Open to the New Shades(新しい色合いへのいざない)』にも合致するもので、タイの実力が認められた証」とコメント。開催地のブリーラム県については「日本の方には馴染みが薄いかもしれないが、スポーツで発展が著しい地域であり魅力を感じていただけると確信している」と強調した。

■海外ニュース

TABI Butler
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

ストレス解消法は?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ