NDCで新展開、セーバーが大手各社と協調-AAとAMEX GBT、CWT、FCTG

  • 2018年8月8日(水)
各社ロゴ(いずれもセーバー ウェブサイトより転載)

 セーバーは8月7日(現地時間)、アメリカン航空(AA)とアメリカンエキスプレス・グローバルビジネストラベル(GBT)、カールソン・ワゴンリー・トラベル(CWT)、そして豪州の大手旅行会社であるフライト・センター・トラベル・グループ(FCTG)と、NDCに関して戦略的提携を開始し新たに「ビヨンドNDCプログラム」を立ち上げたと発表した。

 ビヨンドNDCプログラムは、NDCの活用に向けてAA、GBT、CWT、FCTGの4社とセーバーが共同で開発や導入、テストなどに取り組みイノベーションの実現をめざすもの。名前の通り単純にNDCを介した購買だけでなく、リテールや流通、在庫管理などのシステムと連動させ、旅行業のエコシステムに役立つソリューションの開発を目標とする。

 国際航空運送協会(IATA)が普及をめざす航空券流通の新規格「NDC」を巡っては、GDS各社の開発競争が激化しているところで、最も取り組みの早かったトラベルポートは早ければ夏の間にアプリケーションを発表したい考えを示しており、アマデウスも今年2月からGDSとNDC経由のコンテンツの融合をめざす「NDC-Xプログラム」を始動し、年内のサービス開始を目標に設定。

 これに対してセーバーは、この5月にNDCに対応したソリューションを年末までに発表する計画を公表していた。

 なお、今回のセーバーのビヨンドNDCプログラムに、NDCに否定的とされてきたGBTがパートナーとして名を連ねたことは注目に値するポイントといえる。セーバーの発表文では、引き続き年内、そして来年以降にさらなる参画社の発表を予定しているとも記しており、一方でFCTGはアマデウスのNDC-Xプログラムにも参画しているところで、合従連衡の動きは今後も続きそうだ。

■海外ニュース

SkyTeamワークショップ&セミナー2018in大阪
求人広告
ワンクリックアンケート

買うならどのスマートスピーカー?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ