関空、6月の国際線旅客は13%増、国内線の旅客数は2%減

  • 2018年7月26日(木)

 関西エアポートによると、関西国際空港(関空)の今年6月の輸送実績(速報値)で、国際線の旅客数は前年比13%増の188万408人となり、6月の過去最高を記録した。旅客数のうち日本人は11%増の53万3390人。外国人は14%増の132万4200人で、6月として過去最高となった。通過客も18%増の2万2818人だった。中国・東南アジア方面が顕著な成長を示し、ハワイ方面の好調も旅客数増加を牽引した。

 また旅客便の発着回数も9%増の1万663回で6月として過去最高となった。

 一方、国内線の旅客数は2%減の53万439人で、旅客便の発着回数は4%減の3907回。国際線と国内線を合わせた総旅客数は10%増の241万847人、発着回数は5%増の1万5907回となり、ともに6月として過去最高となった。

 なお、大阪国際空港(伊丹)の6月の旅客数は5%増の128万4259人で、9ヶ月連続で前年を上回った。旅客便の発着回数は増減なしの1万1290回。神戸空港の旅客数は8%増の25万9998人で、旅客便の発着回数は10%増の2403回だった。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

エルアルイスラエル航空
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

ラグビーW杯で日本代表は南アフリカ代表に

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ