18年夏休み、海外1位は台湾、国内1位は北海道

  • 2018年7月9日(月)

 日本旅行業協会(JATA)がこのほど会員企業を対象に調査した夏休みの人気旅行先ランキングで、海外旅行の1位は台湾、2位はハワイとなり、昨年と順位が逆転した。3位は韓国、4位はタイ。5位は昨年4位だったシンガポールで、そのほか10位には昨年15位だったイタリアがランクインした。調査は会員旅行会社229社の営業、企画、カウンターなどの担当者にアンケートで実施したもの。

 JATAによると、台湾は近場の海外旅行先として女性や少人数の旅行が人気。一方ハワイは家族や夫婦旅行の人気が高く、韓国は韓国コスメや韓流ドラマの影響で女子旅、母・娘旅の人気が高い。

 大手旅行会社7社(※)を対象に調査した海外パッケージツアーの販売動向では、7月の海外旅行者数は前年比0.3%増、8月は8%減、9月は5.2%減で全体的に鈍化傾向だった。韓国は国際情勢の緊張緩和にともない夏の申込みは好調に展開し、7月は136.6%増、8月は135.8%増、9月は134.0%増。タイのリゾート地はファミリー層を中心に7月、8月の申込みが好調だった。

 香港・マカオは、8月は15.7%増、9月は129.1%増。LCCなどの増便により座席数が拡大され、家族や夫婦旅行の申込みが好調。オセアニアも昨年のオーストラリアへの新規就航や直行便の増加により商品造成が拡大され、シニア、夫婦、家族旅行が好調。8月が11.0%増、9月が16.9%増となった。


 ▽7月の国内パッケージツアーは2.8%減、1位は北海道

 冒頭のアンケートで国内の人気旅行先を聞いた質問では、1位から3位は2年連続で北海道、沖縄、東京ディズニーリゾートを含む東京の順。北海道はシニアや家族層が継続して人気で、沖縄は家族旅行を中心に好調。離島ツアーも人気がある。東京は東京ディズニーランドを中心に夏休み家族旅行の定番となっている。4位は大阪で、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを中心に家族や3世代旅行が人気。5位は九州で、大河ドラマ効果で人気が上昇しているという。

 一方、大手6社を対象とした国内パッケージツアーの販売動向調査を見ると、国内旅行者数は7月は2.8%減、8月は1.9%増、9月は7.1%増となっている。

 方面別では、夏の避暑地として定番の甲信越は家族旅行やカップルが好調で7月が7.7%増、8月が12.3%増、9月が39.8%増。このほか、「西郷どん」の効果で鹿児島など南九州の旅行商品が好調な九州は、7月は7.8%減だったが8月が4.4%増、9月が5.5%増となり回復している。

※JTB、HIS(海外旅行のみ)、阪急交通社、近畿日本ツーリスト個人旅行(調査時点)、日本旅行、ジャルパック、ANAセールス

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

タイ国際航空
TABI Butler
求人広告
ワンクリックアンケート

一番ストレスが溜まるのは?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ