ユナイテッド航空、成田/グアム線の機材大型化、B772ER投入、冬から

  • 2018年6月25日(月)
UA B777-200ER型機

 ユナイテッド航空(UA)は10月28日から、成田/グアム線にB777-200ER型機を導入する。グアムへの海外旅行市場は、昨年に米朝関係などの影響を受けて需要が大きく減少した経緯があり、UAではそれまでのB777型機2便とB737型機1便の体制から166席仕様のB737型機3便へ変更していた。

 B777-200ER型機の座席数はビジネスクラスが28席、エコノミープラス102席、エコノミー234席。1日3便運航しているうちの朝便と夜便に投入することで、1日当たりの供給座席数は約2倍となる。B777-200ER型機に置き換わらない午後便は引き続きB737型機で運航する。

 なお、UAでは8月2日から同27日までの間、成田と中部から合計20便の臨時便を設定する計画も発表している。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ