主要50社、17年度の海外旅行は6.7%増、全月が増加

  • 2018年6月7日(木)

 観光庁が取りまとめた主要旅行会社50社の2017年度(17年4月~18年3月)の旅行取扱状況によると、海外旅行の取扱額の合計は前年比6.7%増の2兆653億578万円で、すべての月が前年を上回った。最も伸びが大きかったのは5月で、12.7%増の1555億7007万円。17年度の募集型企画旅行の取扱額は7.2%増の4315億2352万円、取扱人数は4.2%増の217万2366人、単価は2.9%増の19万8642円だった。日本政府観光局(JNTO)によると、2017年の日本人出国者数は4.5%増の1788万9292人で、18年1月から3月までの累計(推計値)は1.9%増の462万1300人。

 企業別で見ると、取扱額が最も大きかったのはJTB25社計で4.2%増の5955億8483万円、2位はエイチ・アイ・エス(HIS)6社計で10.4%増の3921億6601万円、3位は阪急交通社3社計で10.5%増の2066億985万円。上位10位は、DeNAトラベルが0.3%減の490億6337万円と微減した以外は前年を上回った。なお、DeNAトラベルは今年の5月末にエボラブルアジアが子会社化している。

 最も伸長したのは楽天で13.9%増の406億4318万円。このほか、HIS6社計、阪急交通社3社計、KNT-CTホールディングス11社計、日新航空サービスが1割以上の伸びを示した。

 前年からの伸び率は、びゅうトラベルサービスが23.8%増の8億8686万円で最も伸長。次いで名鉄観光バスが23.7%増の1億2026万円、トラベル日本が18.6%増の27億174万円と続いた。海外旅行を取り扱う48社の約半数を占める、取扱高が100億円以上の企業の伸び率は、1位が日産クリエイティブサービスで14.2%増の101億2927万円、2位が楽天、3位はANAセールスで11.2%増の228億46万円だった。48社中37社が前年を上回った。

 なお、17年度の国内旅行の取扱額は0.4%増の3兆4190億8426万円、外国人旅行は12.1%増の2240億8301万円、総取扱額は3.0%増の5兆7084億7305万円だった。

※表は次ページに掲載

次ページ>>▽18年3月は8.0%増、欧州・ハワイが好調

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

SkyTeamワークショップ&セミナー2018
TABI Butler
求人広告
ワンクリックアンケート

サッカーW杯の優勝は

投票する

助成金・補助金情報

「【愛知県】蒲郡市観光協会 教育旅行インバウンド助成制度」
▽補助金交付の対象 ・日本にあるランドオペレーターまたはレップ ・直接宿泊手配をした...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ