カンタス航空、NDCの新システム発表、旅行会社に訴求

  • 2018年5月24日(木)

 カンタス航空(QF)はこのほど、国際航空運送協会(IATA)のNDC規格に基づいた新しいシステム「Qantas Distribution Platform(QDP)」の導入を発表した。航空会社向け流通ソリューションなどを手がけるフェアロジックスとともに開発したもので、旅行会社に利用を呼びかけていく。なお、フェアロジックスはNDCのアグリゲーターレベル3認証を取得している。

 新システムではQFの座席や機内食の画像などを閲覧できるほか、足元の広い座席の予約にも対応。旅行者のマイレージ会員ステータスなどの情報も提供する。

 旅行会社への利用促進にあたっては、トラベルポートとニュージーランドのSerko、オーストラリアのCorporate Travel Management(CTM)の3社と提携。旅行会社は3社を介することでQDPに接続できるほか、自社でシステムを開発してQDPと直接接続することも可能だ。また、他のGDSなどとも提携の話を進めているという。

 QFによると、現時点ではQDPを利用している旅行会社はまだないが、順次準備を進めているところ。すでに上記3社経由でQDPに接続することができ、18年後半には旅行会社が利用を開始する見通しという。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ