英国、今年も商談会「ExploreGB」開催、食や鉄道など訴求強化

  • 2018年3月5日(月)

会場はニューキャッスルの「メトロ・アリーナ」 (ニューキャッスル発:特派 山田友樹) 英国政府観光庁は3月1日から2日にかけて、北部の主要都市ニューキャッスルで英国最大のインバウンド旅行商談会「Explore GB 2018」を開催した。参加したサプライヤーはイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドから330名。バイヤーは29ヶ国から280名が集まり、そのうち日本からは9社・9名が参加した。

イェーツ氏  同庁ストラテジー・アンド・コミュニケーション担当ディレクターのパトリシア・イェーツ氏は、本誌とのインタビューで日本市場について「安定した成熟市場。特に人気の高い湖水地方では地元経済に大きな貢献をしている」と評価。アジアでは中国や韓国の伸び率が高いものの、今後も高い現地消費額が期待できることから重要なマーケットとの認識を示した。

 日本市場の拡大に向けては、現地での体験を重視。「これまで日本市場では、文化や歴史遺産が主な観光素材だったが、これからはフード&ドリンクや鉄道の旅などもアピールしていく」考えを示した。フード&ドリンクについては、ロンドンをはじめ各地でクオリティーが上がっており「従来のネガティブなイメージを覆していく必要がある」と強調。特に南部のデヴォンやコーンウォール地方には「質の高いシェフが集まっている」と述べ、日本人旅行者に訴求力の高いデスティネーションとした。

 鉄道の旅については、ロンドン以遠の地方への送客を増やす上で重要と位置づけ、日本市場でも英国全土の鉄道を利用できる「ブリットレイルパス」の認知度向上をはかっていく考えを示した。

次ページ>>>17年日本人は前年並に-「ラグジュアリー」や「ゲートウェイ強化」も

■海外ニュース

タイ国際航空
TABI Butler
求人広告
ワンクリックアンケート

一番ストレスが溜まるのは?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ