海外旅行概況、17年4Qは3Q並みも前年比は16ポイント増

  • 2017年12月25日(月)

 日本旅行業協会(JATA)が11月6日から26日にかけて、会員600社を対象に実施した旅行市場動向調査で、10月から12月までの3ヶ月間の海外旅行のDI値(※)はマイナス16ポイントとなり、前期(7月~9月)と同様の結果となった。前期に発表した見通しからは2ポイント減で、前年比は16ポイント増。旅行会社からは「米国やカナダなどの長距離方面も動きが出てきた」「パッケージツアーよりも航空券とホテルの組み合わせが好調」などの意見が寄せられたという。

 業態別では母数が少ない「ネット系旅行会社」が125ポイント増の25ポイントと最も伸長。最も落ち込んだのは「海外旅行ホールセラー」で、23ポイント減のマイナス44ポイントだった。

 方面別では「アメリカ・カナダ」が3ポイント増のマイナス25ポイントと最も伸長。続いて「オセアニア」が2ポイント増のマイナス28ポイント、「韓国」も2ポイント増でマイナス68ポイントとなった。最も落ち込んだのは北朝鮮問題の影響を受けた「ミクロネシア」で、21ポイント減のマイナス58ポイント。各社からは「アジアは商品単価が低めの方面が好調」「年末年始は近隣のシンガポールや台湾が人気」などの声が挙がった。

 顧客層別で最も伸長したのは「インセンティブ」で、10ポイント増のマイナス16ポイント。このほか、「教育旅行」と「学生」が前年を上回った。最も落ち込んだのは「ファミリー」で15ポイント減のマイナス30となり、唯一の2桁減となった。


次ページ>>>18年1Qは2ポイント減のマイナス18ポイントを予想

※DI値は設問事項に対して「良い」「普通」「悪い」「取り扱っていない」の4項目を用意し、集まった回答を数値化したもの。回答数から「取り扱っていない」と回答したものを除いた数を母数として各回答のシェアを算出し、「良い」の割合から「悪い」の割合を引いている。

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ