SQとシルクエアー、スクートとコードシェア、新千歳線など

  • 2017年12月7日(木)

 シンガポール航空(SQ)と子会社で短・中距離路線を運航するシルクエアー(MI)は12月7日、SQグループのLCCであるスクート(TR)とコードシェアを実施することを発表した。TRが運航するシンガポールから30都市以上への路線に、SQとMIの便名を付与する。2社が就航していない都市が中心で、日本は新千歳が対象となる。

 SQによれば、コードシェアにより、2社の乗客はTRのコードシェア便を利用した際、最終目的地までのスルーチェックインが可能となる。さらに、TRの4時間以上を超える路線では20キログラムの受託手荷物の預け入れ、機内食、飲み物などのサービスを受けることができる、TRの「FlyBagEat」運賃を利用できるという。

 コードシェアは、まずはアテネ、クラーク、ゴールドコーストなど8路線から開始。時期は明らかにしていない。SQ日本支社によれば、新千歳線のコードシェアについては、18年以降に関係当局の認可が降り次第開始するという。

■海外ニュース

SkyTeamワークショップ&セミナー2018
TABI Butler
求人広告
ワンクリックアンケート

サッカーW杯の優勝は

投票する

助成金・補助金情報

「【愛知県】蒲郡市観光協会 教育旅行インバウンド助成制度」
▽補助金交付の対象 ・日本にあるランドオペレーターまたはレップ ・直接宿泊手配をした...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ