エールフランス、関空/パリ線にB787-9、18年5月から

  • 2017年12月6日(水)

B787-9型機  エールフランス航空(AF)は2018年5月から、関空/パリ線にB787-9型機を導入する予定だ。座席数はビジネスクラス30席、プレミアムエコノミークラス21席、エコノミークラス225席の全276席。なお、現在は週4便で、ビジネス28席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー260席、全312席のB777-200型機で運航しており、座席数は36席減ることになる。ただし、AFによれば関空線は例年夏ダイヤ期間に増便しており、18年夏も週5便以上に増える見通しという。

ビジネスクラス  B787-9型機のビジネスの座席は2メートルのフルフラットシートで、全席から直接通路にアクセスできるよう配置。プレミアムエコノミーは130度リクライニングすることができるシェル型シートで、各席に読書灯や電源ポート、USBポートなどを配した。エコノミークラスは28センチのモニターや電源ポートなどを設けている。

 AFは昨年12月からB787-9型機を受領しており、今年の12月1日時点では5機を保有し、パリ/モントリオール、カイロ、ロンドン、リヨン線などで運航している。18年中にはさらに2機を受領する予定。夏ダイヤ期間中は関空線以外にもパリ/ナイロビ線、広州線などにB787-9型機を導入するという。

■海外ニュース

タイ国際航空
TABI Butler
求人広告
ワンクリックアンケート

一番ストレスが溜まるのは?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ