シンガポール、協業で誘客強化-東京大阪でイベント、新テーマもアピール

  • 2017年12月5日(火)
STB北アジア局長のタン氏 シンガポール政府観光局(STB)はこのほど、「シンガポール・トラベルマート&セミナー」を東京と大阪で開催した。昨年に続き2回目の開催となる今回は、旅行会社や関係者合わせて約270名が参加した。

 会場で本誌のインタビューに応じたSTB北アジア局長のマーカス・タン氏は、今年の日本人訪問者数の動向について、数値が判明している6月までの累計で「マレーシアなどとの周遊型ツアーが減った一方でモノツアーが増加し、前年並みに推移」していると説明。この点については日本支局長の柴田亮平氏もセミナー中に言及しており、「2016年は80万人弱と前年比で若干のマイナス。17年も上期は苦戦をしたものの下期は回復傾向にある」という。

 また、今年の振り返りとしてタン氏は、2月に締結したジェイティービー(JTB)との覚書について「送客はもちろん、シンガポールのブランディングにも貢献いただいた」と謝意を表した。また、STBはこのほかにも日本政府観光局(JNTO)とも協力関係を構築するなど企業や団体との協力を重視しているところで、例えば今年は3月にも毎日放送がインフルエンサーを利用して展開するイベント「ナチュラルビューティーキャンプ」に協賛。

STB日本支局長の柴田氏

 これは、インフルエンサーが実際に現地を訪れて「美」をテーマに各種アクティビティを体験し、ソーシャルメディアなどで発信していくもので、STBが協賛した回ではイベントの内容をもとにルックJTBが商品化するといった取り組みもおこなわれたという。

 18年については具体的な数値目標は未定ながら「全国各地で広くピーアール活動に注力していきたい」考えで、「特に仕事を始めたばかり」の層をターゲットに設定。STBでは8月に俳優の斎藤工さんを「シンガポール観光大使」に任命したところで、この起用はそうしたターゲットを意識したことも理由の一つという。

 タン氏は、こうした活動を通して「パスポートをまだ持っていない方々が将来初めて海外旅行に行く時に、シンガポールを選んでいただけるようにアピールしたい」と意欲を語った。

次ページ>>▽新商業施設やアジア4位の「インスタ映え」スポットも

■海外ニュース

タイ国際航空
TABI Butler
求人広告
ワンクリックアンケート

一番ストレスが溜まるのは?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ