バリ島のアグン山が噴火、空港は28日朝まで閉鎖に

  • 2017年11月27日(月)

 インドネシアの在デンパサール日本国総領事館は、現地時間11月25日早朝にバリ島のアグン山で21日に続く2回目の噴火が発生したことを受けて、公式ウェブサイトで旅行者や在住者に注意喚起のための情報を発出している。火砕流や火山ガスの噴出などの恐れがあることから、インドネシア政府が火口周辺の半径6キロメートルから7.5キロメートル以内を立入禁止としていることを伝えるとともに、インターネットなどで最新情報を入手することなどを推奨。噴火は翌26日にも発生している。

 航空便にも影響が出ており、ガルーダ・インドネシア航空(GA)は公式ウェブサイトで、デンパサールのングラ・ライ国際空港が27日の午前7時から翌28日の午前7時まで閉鎖されることを説明。バリ島とその隣に位置するロンボク島へのフライトについては、全便をキャンセルした。インドネシア・エアアジアX(XT)も、25日と26日には成田線を含むデンパサール路線のキャンセルやスケジュール変更を実施している。

■海外ニュース

SkyTeamワークショップ&セミナー2018
TABI Butler
求人広告
ワンクリックアンケート

サッカーW杯の優勝は

投票する

助成金・補助金情報

「【愛知県】蒲郡市観光協会 教育旅行インバウンド助成制度」
▽補助金交付の対象 ・日本にあるランドオペレーターまたはレップ ・直接宿泊手配をした...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ