ブラジル / 「電子査証発給制度」1月22日以降に導入予定

  • 2017年11月7日(火)

 ブラジル領事館より、2018年1月22日(月)以降に「電子査証発給制度」を導入予定との発表がありましたので、ご案内いたします。

 新たに導入予定の電子査証(訪問ビザ)は、観光・通過・商用ビザに適用され、有効期間は最長2年となります。またビザ発給を受ける際、手持ちのパスポートの有効期限が2年未満の場合は、パスポートの有効期限が最長有効期間となります。パスポートの有効期間を超えたビザの発給はできません。

 この電子査証発給制度導入後は、インターネットサイト、又はスマートフォンやタブレットアプリよりビザ申請が可能となり、ブラジル領事館へ来館する必要は無くなる予定です。

 また、電子査証の導入に関わらず、日本国籍所有者は従来通り、ブラジル総領事館で直接ビザ申請も出来ます。

 現時点では、具体的な申請方法や手続き方法等に関する詳細は不明です。

 詳細が発表され次第、改めてご案内いたします。

情報提供:株式会社ラティーノ日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

シンガポール・トラベルマート&セミナー2017
TASA後払い
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

出国税1000円以内は

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ