マカオ / 「漢文文書」ユネスコ記憶遺産に認定(10/31~)

  • 2017年11月2日(木)

 2017年10月31日、清朝期のマカオとポルトガル政府の文書「漢文文書」がユネスコの世界記憶遺産に認定されました。

 この「漢文文書」には、約1,500件の中国語の文書、5冊のポルトガル語文書、3,600点の資料をまとめた4つの資料が含まれます。

 これらの文書・資料は、18世紀末~19世紀半ばのマカオの社会、生活、農業、貿易に関する資料で、ポルトガル統治下のマカオと清朝(広東省)の公文書も含まれており、マカオの歴史を知る上での大変貴重な資料とされています。

情報提供:情報提供: 株式会社 サウスチャイナエクスプレス日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

オーエフシー
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

スキルアップするならどの分野ですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【グアム】グアム団体サポートキャンペーン2018」
▽実施主体 グアム政府観光局 ▽補助金交付の対象 旅行会社(同一団体につき申請...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ