関空、上期の国際線旅客は11.5%増、初の1000万人超え

  • 2017年10月25日(水)

 関西エアポートによると、関西国際空港(関空)の2017年上期(4月~9月)の輸送実績(速報値)で、国際線の旅客数は前年比11.5%増の1059万1344人となり、上期として初めて1000万人を上回った。このうち日本人旅客数は2.6%増の323万8803人。外国人旅客数については、16.6%増の725万4273人で過去最高を記録した。通過客は、昨年10月にデルタ航空(DL)が関空/成田/ニューヨーク線を運休したことなどにより16.8%減の9万8268人となった。旅客便の発着回数は4.4%増の5万9936回で過去最高となった。

 方面別では、国際線旅客数の伸び率は「香港・マカオ」が最も高く、30%増だった。以下は「韓国」が25%増、「東南アジア」が13%増と続き、最も減少したのは、北朝鮮のミサイル問題の影響を受けた「オセアニア・グアム」で13%減。「欧州」はターキッシュエアラインズ(TK)が1月末でイスタンブール線を運休したことにより10%減となった。

 9月単月の国際線旅客数は16.0%増の173万3368人で、このうち日本人旅客数は5.7%増の61万3970人、外国人旅客数は23.6%増の110万3510人、通過客は20.7%減の1万5888人だった。旅客便の発着回数は5.4%増の9903回。国際線旅客数、外国人旅客数、発着回数がそれぞれ9月として過去最高を記録した。同月にはジェットスター・パシフィック(BL)がハノイ線とダナン線をそれぞれ週4便で、エアソウル(RS)がソウル(仁川)線を週14便で開設している。

 国際線と国内線をあわせた上期の総旅客数は10.2%増の1411万9213人で、上期として過去最高を記録。発着回数は4.4%増の8万4169回だった。9月単月の総旅客数は13.2%増の232万9660人で、発着回数は4.7%増の1万3864回。

 国内線の詳細は別途記載(下記関連記事)。

■海外ニュース

シンガポール・トラベルマート&セミナー2017
TIC事業継承
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

出国税1000円以内は

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ