カンタス、LATAMとチリ線セミナー開催、関空線に期待も

  • 2017年10月19日(木)

会場の様子 カンタス航空は10月18日、チリ大使館とLATAM航空グループと共同でチリ観光セミナーを開催した。チリ貿易振興局(プロチリ)のイベント「チリフード、ワイン&トラベル」に合わせて実施したもので、開催は2年ぶり。

 QFでは、シドニーからチリのサンティアゴへ週4便で就航しているほか、LATAMも同区間をニュージーランドのオークランド経由でデイリー運航し、さらに10月5日からはメルボルンへも週3便で乗り入れているところで、いずれも相互にコードシェアしている。

 QF日本支社長の荻野雅史氏によると、夜便で日本からオーストラリアへ移動し、短い時間で乗り換えて日中に南米へ移動するルートである点が利用者から「身体に優しい」と高い評価を得ているといい、以前から少しずつプロモーションを実施。ここに来てQFとして日豪線の座席供給量も増え、法人需要を中心に実績も伸びていることからさらに利便性をアピールしたい考えだ。

 また、LATAM航空グループ日本地区副支社長を務める山田剛氏によると、現状では北米経由が75%から80%を占めており、それ以外でも欧州経由があるなど現状では必ずしもオーストラリア経由は多くないものの堅調。今冬からはQFが関空/シドニー線にも就航予定でこちらも同日乗継が可能であることから、近畿エリアの需要取り込みにも期待できると語った。

■海外ニュース

ベルトラ1
TASA後払い
求人広告
ワンクリックアンケート

まわりで自己破産した人を

投票する

助成金・補助金情報

「【グアム】グアム団体サポートキャンペーン2018」
▽実施主体 グアム政府観光局 ▽補助金交付の対象 旅行会社(同一団体につき申請...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ