日本航空、燃油サーチャージを引き上げ、12月・1月分

  • 2017年10月18日(水)

 日本航空(JL)は10月18日、12月1日から1月31日までの間に発券する日本発の国際航空券について、燃油サーチャージ徴収額を引き上げることを発表した。8月と9月のシンガポールケロシン市況価格の平均が1バレルあたり65.41米ドルとなり、円貨換算額が7213円となったことを受けたもの。10月17日には全日空(NH)も同様の発表をしている。詳細は以下の通り。

▽JL、燃油サーチャージ(12月1日~1月31日発券分)
(路線/徴収額)
韓国・極東ロシア/300円
中国・台湾・香港/1500円
グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム/2000円
タイ・シンガポール・マレーシア/3000円
インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ/4000円
北米・欧州・中東・オセアニア/7000円

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ