マカオ、渡航延期を呼びかけ、台風被害で

  • 2017年8月25日(金)

 マカオ観光局は8月25日、台風13号による被害を受けて、8月25日から30日までの間はマカオへの渡航を中止するよう呼びかけをおこなった。

 台風13号の直撃を受けたマカオでは、ホテルへの水道や電力の供給が止まるなど大きな影響が出ているといい、世界遺産などの観光地も訪問は可能ながら倒木で道路の通行ができなくなっているなど観光にも支障が出ていることから、中止を求めた模様。

 現地オペレーターに対しても、現地の復旧作業のための資源確保を目的として、団体旅行の手配を同じく25日から30日まで取りやめるよう呼びかけたという。

 観光局が3ツ星から5ツ星のホテル64軒を対象におこなった調査では、36軒が水道と電力ともに復旧していると回答しているが、水道のみが1軒、電力のみが13軒、いずれも復旧していないが6軒と影響が残っている。8軒は未回答だった。

 ゲストハウスについては、多くが台風被害が大きかった地域にあるため、ほとんどで水道、電力ともに復旧しておらず、連絡が取れない施設もあるという。


 一方、香港との間を結ぶフェリーは一部が復旧済み。

 なお、観光局では、9月に予定していたマカオ国際花火コンテストの中止を決定している。

▽現地での連絡先ツーリスト・ホットライン:2833-3000
※24時間利用可能、日本語対応あり

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ