タヒチに初世界遺産、「タプタプアテアのマラエ」-誘客に活用へ

  • 2017年8月16日(水)

 タヒチ観光局によると、先ごろ開催されたユネスコ(国際連合教育科学文化機関)世界遺産委員会の会合で、仏領ポリネシアでは初となる世界遺産登録が実現した。

 世界文化遺産として今回新たに登録されたのは「タプタプアテアのマラエ」で、タプタプアテアは地名、マラエは祭祀場のこと。パペーテのあるタヒチ島から約219キロメートルの距離にある、タヒチ語で「遙かなる楽園」「柔らかな光の空」という意味の名のライアテア島に遺る。

 マラエは、欧州からの宣教師たちが島に来る以前に、当時のポリネシア人が精神的な力の源である「マナ」の宿る場所として無数の石を並べた祭祀場。

 タヒチ観光局では、2016年から日本市場で「タヒチの島々『マナに包まれて(Embraced by Mana)』」をテーマとしたキャンペーンを展開しているところ。今回の世界遺産登録を受けて、ライアテア島への訪問だけでなく、従来以上にタヒチの「人」や「生活様式」、「文化」、「芸術」などタヒチの多様な魅力をアピールしていく方針だ。

■海外ニュース

シンガポール・トラベルマート&セミナー2017
求人広告
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

信じられないものは?

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ