デルタ、成田/ミクロネシア3路線の機材改装、24席増

  • 2017年8月7日(月)

 デルタ航空(DL)は11月中旬から、成田/グアム、サイパン、パラオ線の座席数を増加する。現在使用中のB757-200型機はビジネスクラス20席、足元が広くリクライニングの角度が大きい座席「デルタ・コンフォートプラス」21席、エコノミークラス128席の計169席だが、同機を改装してビジネスクラス20席、デルタ・コンフォートプラス41席、エコノミークラスが132席の計193席に変更する。詳細については明らかにしていない。

 さらに、全座席に個人用モニターを設けて、機内エンターテインメントシステム「デルタ・スタジオ」を楽しめるようにするほか、電源コンセントとUSBポートを設ける。そのほか、機内WiFiサービスの提供は継続し、絵本の貸し出しやおもちゃの提供など子供向けのサービスについては拡充をするという。

 改装後の機材は11月17日からサイパン線に、18日からグアム線とパラオ線に導入する予定。なお、サイパン線とパラオ線は、日本からの唯一の定期直行便となっている。

■海外ニュース

Travelport
求人広告
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

10月22日の衆議院選挙には

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ