羽田、お盆の出入国予想は9.1%増-訪日客が寄与か

  • 2017年8月3日(木)

 東京国際空港ターミナル(TIAT)は8月3日、2017年お盆期間(8月10日~20日)の出入国者数の推計を発表した。出国者数は9.6%増の27万4900人、入国者数が8.6%増の27万300人で、合計は9.1%増の54万5200人。

 出国のピークは、第1ピークが12日で2万6800人、第2ピークが11日で2万6800人、第3ピークが10日で2万5800人を見込む。入国のピークは、第1ピークが17日で2万6100人、第2ピークが16日で2万6000人、第3ピークが18日で2万5400人となる見通し。

 TIATによれば、今年は入国者数の第1ピークが木曜日、第2ピークが水曜日となるなど例年とは傾向が大きく異なっており、出入国者数の増加には訪日外国人旅行者の急増が大きく影響していると考えられるという。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ベルトラ1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

通勤のカバンは

投票する

助成金・補助金情報

「【宮崎県】延岡観光協会~延岡への新たな流れをつくる誘客事業~」
(1)事業の目的延岡市への新たな観光客誘致を促進するため、九州外(訪日旅行含む)から旅行...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ