スクートも関空からホノルルへ、18年6月までに路線開設

  • 2017年7月25日(火)

ウェブサイトの画面キャプチャ  スクート(TZ)とタイガーエア(TR)は7月25日、合併を完了して社名を「スクート・タイガーエア・プライベート・リミテッド」に変更するとともに、2018年6月末までにシンガポール/関空/ホノルル線に就航すると発表した。高雄またはバンコク経由で合計週6便を運航している関空/シンガポール線は維持したまま新たに開設するもので、同社が米国路線に就航するのは初めて。就航日や運航スケジュールなどの詳細は未定という。なお、ブランド名は「スクート」、2レターコードは「TR」に統一する。

 関空/ホノルル間については6月末からエアアジアX(D7)が、週4便のクアラルンプール/関空線を延伸するかたちで運航。現時点では日本/ハワイ間における唯一のLCCによる定期便となっている。

 TRは本誌の取材に対し、「路線拡大に向けて検討するなかで、日本市場におけるホノルルの需要の高さを鑑みて決定した」と説明した。新会社は合併によりB787型機とA320型機を保有することになるが、同路線ではB787型機を使用する見込みという。なお、TRは18年6月末までにはハルビン、マレーシアのクチンとクアンタン、インドネシアのパレンバンの4都市にも就航を予定する。

 そのほか、新会社は客室乗務員のユニフォームの変更と新たなスローガンも発表。新たなユニフォームは従来のTZのブランドカラーである黄色と黒を基調としたもので、スローガンは「Escape the Ordinary-日常から飛び出そう-」に決定した。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

マネパカード1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

年に何回くらい海外出張に行きますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ