外務省、ケニアに注意喚起のスポット情報、コレラが流行

  • 2017年7月24日(月)

 外務省はこのほど「海外安全ホームページ」でケニアについて、注意喚起のためのスポット情報を発出した。今年5月以降、同国でコレラが流行していることを受けたもの。ケニア保健省によれば7月17日の時点で、ナイロビ郡ではコレラの兆候または症状が336例報告されており、そのうち3例が死亡に至っている。

 コレラは、コレラ菌に汚染された水や食品などを経口摂取することによって起こる下痢を主症状とする病気で、潜伏期間は数時間から5日程度。胃腸の弱い人や高齢者、乳幼児などは重症化して死亡に至る可能性がある。外務省は旅行者に対しては、在ケニア日本国大使館のウェブサイトなどからの最新情報を入手を呼びかけるとともに、食事前やトイレ後の手洗いの励行、食物の加熱などを推奨している。

 なお、海外の一部の国々ではコレラに感染するリスクの高い旅行者に経口コレラワクチンを使用しているが、日本では承認されておらず、一部の医療機関が輸入ワクチンの接種をおこなっている。

■海外ニュース

ベルトラ1
TASA後払い
求人広告
ワンクリックアンケート

まわりで自己破産した人を

投票する

助成金・補助金情報

「【グアム】グアム団体サポートキャンペーン2018」
▽実施主体 グアム政府観光局 ▽補助金交付の対象 旅行会社(同一団体につき申請...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ