ブラジル、アルゼンチン / 南米から新たに二つの世界遺産が登録されました

  • 2017年7月14日(金)

 2017年7月、ポーランドのクラクフにて「第41回 世界遺産委員会」が開催され、南米から新たに二つの世界遺産が登録されました。

 南米にお越しの際は、是非お立ち寄りください。

  ■ 新世界遺産(2017年7月)
◎ Cais do Valongo(ヴァロンゴ埠頭考古遺跡) --- ブラジル / 世界遺産
奴隷貿易のための港湾施設で、1811年に建設。

 以後数十年で90万人もの奴隷がアフリカから運び込まれました。

 近隣のヴァロンゴ墓地には2万~3万人の奴隷の魂が眠っています。

 奴隷貿易が禁止された1888年以降は、アフロ・ブラジル文化の中心地となりました。〔アクセス〕
リオデジャネイロ・ホテルエリアから車で約20分。

  ◎ Los Alerces National Park(ロス・アレルセス国立公園) --- アルゼンチン / 自然遺産
アンデス山脈南部、パタゴニア北部に位置する国立公園で、活発な活動を続ける火山地帯にあり、ブナやヒノキなどの温帯林が占めています。

 40~70年に1度、いっせいに開花して生態系が刷新されます。〔アクセス〕
ブエノスアイレスから空路でエスケル空港まで移動、その後陸路移動となります。

情報提供:株式会社ラティーノ日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

史上最高の日本人野球選手は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ