HIS、夏の渡航先1位はハワイ-東欧・北欧が人気上昇

  • 2017年7月10日(月)

 エイチ・アイ・エス(HIS)がこのほど発表した2017年の夏休み期間(7月15日~9月30日出発)の海外旅行予約動向で、人気の渡航先1位は昨年に続きハワイとなった。ランキングは6月29日時点の海外ツアーと航空券の予約数をもとに決定したもの。HISによると、1位のハワイは日本航空(JL)による成田線の増便や、エアアジアX(D7)による関空線の新規就航、デルタ航空(DL)による福岡線の増便などにより、前年を上回る予約数で推移。特にFITの伸びが高いという。2位以下は順にソウル、グアム、台北、バンコクとなった。

 国・地域別の伸び率ランキングでは、1位に前年比261%増のスロベニア、2位に163%増のポルトガルのリスボン、5位に98%増のフィンランドのロバニエミが入るなど、東欧・北欧を中心に欧州方面が伸びており、テロ事件による需要減からの復調の兆しが見られるという。そのほかには、今年2月に全日空(NH)が就航したメキシコシティが3位に、カナダのイエローナイフが4位にランクインした。

 国内旅行の人気ランキングでは、昨年と同様に1位は沖縄となった。2位は昨年3位の北海道で、3位は「九州ふっこう割」の効果で昨年は2位だった九州が1つランクを下げた。4位は中国・四国だった。

 国内の人気アクティビティランキングでは、1位が沖縄でのシュノーケリング、2位が沖縄でのスタンドアップパドルサーフィン、3位が沖縄でのカヌー・カヤックと、上位3位は沖縄でのマリンアクティビティが独占した。HISによると、今年は本島だけでなく、宮古島や石垣島などでのアクティビティの予約も多く、半日から1日かけて体験するアクティビティの人気が高まっているという。なお、香港や台湾を中心に訪日外国人旅行者の予約も増えているが、日本人とは対象的に、四輪バギー体験やトレッキング、パラグライダーなど海以外でのアクティビティが人気という。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

Travelport
求人広告
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

海外発のファストファッションといえば

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ