KNT-CT、業績予想を修正、個人旅行の低迷で特損も

  • 2017年4月27日(木)

 KNT-CTホールディングス(KNT-CT)は4月27日、昨年9月30日に公表した2017年3月期(16年4月1日~17年3月31日)の通期連結業績予想を修正するとともに、特別損失を計上した。売上高と当期純利益については下方修正し、営業利益と経常利益は上方修正した。

 売上高については当初予想比80億円減の3960億円に修正。欧州で続くテロ事件、軽井沢でのスキーバス事故、九州地震などに加えて、OTAの勢力拡大などによる環境変化で個人旅行事業が低迷した。一方、スポーツ事業などで一定の成果が見られたという団体旅行事業は堅調に推移し、そのほかグループ会社各社でコスト削減に努めた結果、営業利益は5億円増の29億円、経常利益は6億円増の31億円を見込む。同社によれば予想値は「堅めに見積もっていた」という。

 これに対して当期純利益は25億5000万円減少し、13億5000万円の赤字となる予定。特別損失は、店頭販売などに使用するソフトウェアへの投資が、個人旅行事業の低迷に伴い回収困難となったことを受けたもので、減損損失として38億2900万円を計上した。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

マネパカード1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

社内に旧帝大を卒業した人が

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ