キャセイ、新計画で「顧客目線」重視、柔軟に路線展開

  • 2017年3月28日(火)

クオック氏  キャセイパシフィック航空(CX)日本支社長のライオネル・クオック氏はこのほど本誌のインタビューに応え、今年からの3年間で取り組む新たな同社グループの経営計画「Time to Win」について説明した。計画の4本柱である「顧客目線」「卓越したオペレーション」「生産性向上と価値の重視」「高パフォーマンスを追求する社風」については、特に「顧客目線」を重視する考えを説明。「市場や顧客の急激な変化に、迅速に対応しなければ」と述べ、路線展開などへの反映に意欲を示した。

 路線展開については、以前は市場調査を実施した上で、手堅い収益を見込める定期便路線の開設に注力していたが、近年は需要に応じて季節運航やチャーター便の運航などにも積極的に取り組んでいることを説明。「市場の動向やお客様の反応を見ながら、柔軟に今後の展開を決めるアプローチに変化した」と語った。

 最近の具体的な例としては、7月2日から10月27日まで香港/バルセロナ線を週4便で、12月1日から2月28日まで、香港/クライストチャーチ線を週3便で運航することを紹介。さらに、4月16日から6月29日までは香港/小松間で週2便の訪日客向け定期チャーター便を運航することも説明し、「16年は香港人の4分の1にあたる約180万人が日本を訪れた」と旺盛な訪日需要に期待を示した。

 なお、日本/香港間の定期路線については「今年の新規路線開設は考えていない」と説明。首都圏空港や関空を中心に「既存の路線を(増便などで)強化していきたい」と話した。

※インタビューの詳細は後日掲載予定

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ