日本航空とチャイナ、日台全路線にコードシェアを拡大

  • 2017年1月10日(火)

 日本航空(JL)とチャイナエアライン(CI)は1月10日、旅客便および貨物便における提携強化に関する覚書を締結し、2月下旬から日台間で運航する両社の全路線・全便でコードシェアを開始すると発表した。予約・販売の開始時期などの詳細は後日発表する。

 対象となるJLの路線は、成田/台北(桃園)、高雄線、羽田/台北(松山)線、中部/桃園線、関空/桃園線の計5路線。一方のCIは、桃園/新千歳、富山、成田、静岡、中部、関空、高松、広島、福岡、鹿児島、宮崎、那覇線、松山/羽田線、高雄/新千歳、成田、関空、熊本、那覇線、台南/関空線の19路線となる。

 なお、JLとCIは2010年10月から、羽田/松山線でコードシェアを開始している。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ