日本航空とチャイナ、日台全路線にコードシェアを拡大

  • 2017年1月10日(火)

 日本航空(JL)とチャイナエアライン(CI)は1月10日、旅客便および貨物便における提携強化に関する覚書を締結し、2月下旬から日台間で運航する両社の全路線・全便でコードシェアを開始すると発表した。予約・販売の開始時期などの詳細は後日発表する。

 対象となるJLの路線は、成田/台北(桃園)、高雄線、羽田/台北(松山)線、中部/桃園線、関空/桃園線の計5路線。一方のCIは、桃園/新千歳、富山、成田、静岡、中部、関空、高松、広島、福岡、鹿児島、宮崎、那覇線、松山/羽田線、高雄/新千歳、成田、関空、熊本、那覇線、台南/関空線の19路線となる。

 なお、JLとCIは2010年10月から、羽田/松山線でコードシェアを開始している。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン
カンボジアアンコール航空
ワンクリックアンケート

今年の新入社員で退職した人は

投票する

助成金・補助金情報

「【グアム】グアム団体サポートキャンペーン2017」
▽実施主体 グアム政府観光局 ▽補助金交付の対象 旅行会社(同一団体につき申請...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ