ニュージーランド航空、羽田線を週3便で開設、17年7月に

  • 2016年12月21日(水)

NZのB787-9型機  ニュージーランド航空(NZ)は2017年7月21日に、羽田/オークランド線を週3便で開設する。同社が羽田に就航するのは初めてで、使用機材はビジネスクラス18席、プレミアムエコノミークラス21席、エコノミークラス263席のボーイングB787-9型機。関係国政府の認可取得が前提となる。12月21日には旅行会社経由の販売とNZでの電話予約を開始した。来年1月下旬からはNZの公式ウェブサイトで販売する。

 NZは現在、成田/オークランド線を週7便で運航しており、12月1日から3月25日まではニュージーランドの夏の観光シーズンに合わせて、週10便に増便中。11月4日から3月26日までは関空/オークランド線を週3便で季節運航している。

 NZは以前より羽田への就航を希望しており、今年9月に来日した同社CEOのクリストファー・ラクソン氏は本誌の取材に対して「羽田/オークランド線に強い興味を持っており、できればすぐにでも就航したい」と意欲を示していた(関連記事)。当初は昼間時間帯での就航を希望していたが、現在は2国間の航空協定により就航できないため、まずは深夜早朝時間帯での運航を決定。「長期的には昼間枠での就航も視野に入れる」という。

 羽田線のターゲットはレジャー客。7月に路線を開設することで、日本人の夏休みの旅行需要や、ニュージーランド人の避寒目的の旅行需要の取り込みをはかるという。便数については今夏の成田線の需要動向を踏まえて「週3便での就航が適切」と考えたが、今後の需要次第では増便も検討する。NZ日本・韓国地区支社長のクロヴィス・ペリエ氏は「19年のラグビー・ワールドカップ日本開催や、20年の東京オリンピックなどを見据えて、これからの数年間は日本路線をより強化したい」とのコメントを発表している。

 羽田線においては、両国の地方の需要の取り込みを強化。日本では行きは羽田出発、帰りは成田帰着など、成田線と羽田線を組み合わせた利用も提案する考えだ。

 NZによれば、2015年11月から16年10月までにニュージーランドを訪問した日本人旅行者数は前年比13.8%増の9万7312人。日本を訪れたニュージーランド人は15.0%増の3万2920人だった。羽田線の運航スケジュールは以下の通り。

▽NZ、羽田/オークランド線運航スケジュール(17年7月21日~)
NZ92便 HND 01時00分発/AKL 14時40分着(月・木・土)
NZ99便 AKL 14時50分発/HND 23時00分着(水・金・日)

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ