キャセイ、ヒースローのラウンジ刷新、クラス別に分割

  • 2016年12月6日(火)

ファーストクラスエリアの様子  キャセイパシフィック航空(CX)はこのほど、ロンドン・ヒースロー空港第3ターミナルの上級クラス用ラウンジをリニューアルした。リニューアル後は香港空港のラウンジと同様に、ファーストクラスとビジネスクラスのエリアを分割。11月28日にソフトオープンし、12月7日から正式に営業を開始する。

 新ラウンジの延床面積はリニューアル前よりも30%広い1200平方メートルで、席数はファーストクラスエリアが71席、ビジネスクラスエリアが200席。室内のデザインは、ロンドンを拠点に活躍するデザイナーのイルゼ・クロフォード氏が担当した。

「ザ・ダイニングルーム」  ファーストクラスエリアには、注文を受けてシェフが料理を提供する「ザ・ダイニングルーム」と、時間帯に応じてさまざまなメニューを用意する「ザ・パントリー」を設け、ビジネスクラスエリアには麺類などの中華料理を提供する「ザ・ヌードル・バー」、英国の伝統料理などを提供する「フード・ホール」などを設けた。このほか、両クラス用にシャワールームも計8室用意した。

 ラウンジの営業時間は月曜日から土曜日までが5時半から22時半までで、日曜日が7時半から22時半まで。利用対象者はファーストクラスとビジネスクラスの利用者に加えて、マルコポーロクラブのシルバー会員以上、ワンワールドのサファイア会員以上とした。

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ