ニュージーランド航空、関空線を再開、搭乗率80%台めざす

  • 2016年11月7日(月)

レセプションの様子。左から4人目がペリエ氏  ニュージーランド航空(NZ)は11月4日、2013年10月から運休していた関空/オークランド線を約3年ぶりに週3便で再開した。ニュージーランドの夏期の観光シーズンにあわせて2017年3月26日まで運航するもので、使用機材はビジネスクラス18席、プレミアムエコノミークラス21席、エコノミークラス263席のボーイングB787-9型機。NZは初便の搭乗者数を公開していないが、今後の搭乗率については成田/オークランド線が80%台で推移していることから、同程度をめざすという。

 NZは4日に、大阪市内で関西の旅行会社などを招いてレセプションを開催。登壇した日本・韓国地区支社長のクロヴィス・ペリエ氏は「関空に再就航できることをとても楽しみにしていた。季節運航の後も継続して運航できるよう努力するので、ぜひお力添えいただきたい」と呼びかけた。会場にはB787-9型機で使用しているプレミアムエコノミークラスのシートや、エコノミークラスの1列3席を繋げてカウチ上にした「スカイカウチ」を展示し、快適さをアピールした。関空でおこなった記念式典では、初便の搭乗者にオリジナルのエコバックやポストカード、B787型機のペーパークラフトを贈呈した。

 8日からは運航再開を記念して特別運賃キャンペーンをおこなう。エコノミークラスを諸税込みで往復10万4000円から提供するもので、搭乗期間は11日から17年3月26日までとした。販売期間は11月21日までで、公式サイトおよび旅行会社で取り扱う。


※訂正案内(編集部 2016年11月8日10時15分)
・訂正箇所:
・ニュージーランド航空からの訂正により、タイトルと本文1段落3文目の搭乗率を修正
誤:80%

正:80%台
・1段落2文目
誤:・・・ボーイングB767-9型機。

正:・・・ボーイングB787-9型機。

※訂正案内(編集部 2016年11月8日13時15分)
・訂正箇所:第2段落第2文
会場で展示されていたシートの内容が誤っておりました。
お詫びするとともに訂正いたします。

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ