タイ、17年は150万人めざす、ゴルフなどテーマでセミナーも

  • 2016年11月6日(日)

TAT東京事務所の藤村氏 タイ国政府観光庁(TAT)は、2017年の日本人訪問者数の目標を150万人に設定した。11月1日に開催したセミナーでTAT東京事務所マーケティングマネージャーの藤村喜章氏が語ったもの。藤村氏によると直近の日本人訪問者数は2015年に138万人となり、2016年も8月までの累計で前年比約3%増の96万人と堅調に推移。観光テーマを従来の「Value for Money」から、文化や生活様式に焦点を当てた「Value for Experience」に刷新してプロモーションを展開し、目標達成をめざす。

 女性や学生、シニアのほか、ハネムーンなどの「ロマンス」やスポーツの需要もターゲットとし、スポーツの中では特にゴルフを重視する。

TATのポンパット氏 1日のセミナーもゴルフをテーマにしたもので、TAT本庁から広告及びPR局局長のスプラニー・ポンパット氏が来日し、「タイは世界でも有数のゴルフ大国のひとつ」であると強調。そして国内200ヶ所以上の各コースが備える景観やタイ人のホスピタリティ、手頃な料金、1年を通してプレー可能であることなどを強みとしてアピールした。

ゴルフ観光親善大使に任命されたペットラム氏 また、藤村氏も、ゴルフ場に併設された宿泊施設でキャンプを楽しめる点や、食事やショッピング、ナイトスポットなどの「アフターゴルフ」も魅力と説明。セミナーに合わせて来日したタイ人ゴルフ選手で、タイのゴルフ観光親善大使を務めるポーンアノン・ペットラム氏も、アフターゴルフの視点でお勧めのコースとしてパタヤにある「サイアムカントリークラブ」を紹介するとともに、自身の一番のお気に入りコースとしてはサムイにある「サンティブリ・サムイ・カントリークラブ」を挙げた。

 なお、2017年は日・タイ修好130周年にあたり、日・タイゴルフフェスティバルなどが企画されているところ。TATではスポーツ需要のうちマラソンにも注力しているが、アユタヤ駅伝も開催される予定だ。

■海外ニュース

たびほアフィリエイトパートナープログラム
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

ライブ配信アプリで利用したことがあるのは?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ