ターキッシュ、関空線を運休、テロやクーデターで需要減

  • 2016年10月31日(月)

 ターキッシュエアラインズ(TK)は2017年1月31日を最後に、関空/イスタンブール線を運休すると発表した。トルコ国内で相次いだテロや、今年7月のクーデター未遂などにより、乗り継ぎも含めて需要が低下していたという。

 同路線は10月29日まで週7便で運航。10月30日からの冬ダイヤでは、週4便に減便して運航する。機材は引き続きビジネスクラス22席、エコノミークラス228席のエアバスA330-200型機を使用。現時点で運航再開の予定などは示していない。

 なお、ビジネスクラス49席、エコノミークラス300席のボーイングB777-300ER型機でデイリー運航中の成田/イスタンブール線については、11月7日から機材を小型化し、ビジネスクラス28席、エコノミークラス261席のA330-300型機に変更する。便数に変更はない。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2018
求人広告

助成金・補助金情報

「【宮崎県】延岡観光協会~延岡への新たな流れをつくる誘客事業~」
(1)事業の目的延岡市への新たな観光客誘致を促進するため、九州外(訪日旅行含む)から旅行...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ