ピーチ、新千歳を4番目の拠点空港に、18年度中

  • 2016年10月19日(水)

MMのA320-200型機  ピーチ・アビエーション(MM)は10月19日、2018年度中に新千歳空港を拠点空港にすると発表した。同社はこれまで関空と那覇を拠点空港化しており、17年夏には仙台が3番目の拠点空港になる予定。新千歳は4番目となる。

 拠点空港化により機材を夜間駐機し、同空港から国内外へ複数の路線を新たに開設する計画で、詳細は未定だが道内の他空港への就航も検討する。将来的には道内の他空港から本州への路線も展開するという。

 同社CEOの井上慎一氏は、「MMが初めて就航した路線は新千歳線で、当初から道民、観光団体、経済団体の皆さまから拠点化して欲しいとの声を数多くいただいていた」とコメント。「北海道は観光資源やグルメが豊富で、まだまだ潜在的な需要が大きいエリア」と述べ、新路線の開設に意欲を示した。今後は北海道民の旅行需要と、国内外から北海道への旅行需要の両方の取り込みをはかる。

 MMは現在、新千歳から関空へ1日4便から5便、成田へ1日1便を運航中。同社広報グループによれば「両路線とも搭乗率が高く好調」という。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ