国交省、サムスン新スマホの機内持込を全面禁止、電源OFFでも

  • 2016年10月17日(月)

 国土交通省は10月17日、韓国のサムスン電子がこのほど米国などで販売を開始したスマートフォン「ギャラクシーノート7」について、日本の航空各社に対し、同製品の機内への持ち込みを全面的に禁止した。米国連邦航空局の措置を受けたもので、同製品については充電時などに内蔵のリチウムイオン電池が爆発する事案が頻発。その後、改修品においても同様の事案が発生している。日本では未発売。

 国交省は9月には国内の航空各社に対して、機内に同製品を持ち込む際には電源を切るとともに充電を控えること、チェックインの際に預け荷物としないことを要請していた。今後は全面的に機内への持ち込みが禁止されるため、各航空会社はウェブサイトなどで周知をはかるとともに、同製品を空港に持参した人には陸路での別送などをお願いする考え。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

マネパカード1
メール新規登録
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

社内に旧帝大を卒業した人が

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ